ドコモスタッフが解説するキャッシュレス・ポイント還元事業とは?増税以上のポイントゲットも!?

キャッシュレスポイント還元事業解説イメージ

2019/10/1より日本では増税等の様々な変化が起こっていますが、その中でもあなたに絶対お得なキャッシュレス・ポイント還元事業ってご存知ですか?

 

日本国民全体が得をすると言っても過言ではない政府からの補助金みたいなものなんです!

 

内容を理解して、どうすればきっちりお得な恩恵を受けられるか?今どう買い物をするのがお得なのかを解説しますので、しっかり身に付けて賢いお買い物の方法を知っておきましょう!

 

今すぐにでもドコモショップへ相談に行くべき理由も説明しておきますので、最後まで読んで頂ければ損はさせませんよ!

 

キャッシュレス・ポイント還元事業とは何か?

 

正式にはキャッシュレス消費者還元事業と呼ばれているもので、キャッシュレス・ポイント還元事業を推進している経済産業省のHPには以下の説明になっています。

 

キャッシュレス・ポイント還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9か月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援するものです。

 

ざっと説明すると、経済産業省が増税によって買い物が減ってしまうのを防ぎたくて、尚且つ社会のキャッシュレス化も進めたいので、キャッシュレス決済のポイント還元を追加しますよという事です。

 

経済産業省では専用HPも作っていますので、より詳細な情報が知りたい方は以下をご確認下さい。

 

 

キャッシュレス・ポイント還元事業の対象決済方法!

 

キャッシュレス・ポイント還元事業の対象となる決済方法は主に以下の4種類です。

 

  • 電子マネー・プリペイドペイドカード
  • デビットカード
  • クレジットカード
  • スマートフォン決済

 

キャッシュレス決済とは支払いの時に現金以外で決済する事を指すので、支払いより前・支払い時に別の方法で・支払い後のタイミングが異なる様々な決済方法が存在します。

 

電子マネー・プリペイドカード

 

代表的な物はICOCAやWAONカード、スターバックスカード等です。

 

事前にお金を入金(チャージ)しておく事で、入金した額分だけ使用できるタイプなので、使いすぎるという事がありません。

 

dカードにもプリペイド式のdカードプリペイドという物もあります。

 

デビットカード

 

事前に審査があり、審査をクリアすると登録した銀行口座から買い物時に自動的に買い物額が引き落とされるという仕組みのカードです。

 

プリペイドは事前にお金が必要で、デビットは即時決済等と呼ばれ買い物と同時に決済され、クレジットは後払いという違いがあります。

 

唯一後払いだけは、自分のお金以上の買い物をする事ができるので、使いすぎるというリスクがあります。

 

クレジットカード

 

毎月締め日と引き落とし日が存在する後払い式決済のカードです。

 

使いすぎるというリスクがある反面、給料が入る前にお金を使う事もできる利点もあります。

 

ドコモではdカードやdカードGOLDがこれにあたります。

 

iD支払いは支払うタイミングではなく、かざすだけで支払える物を言います。iD機能付きのクレジットカードもiD機能付きのデビットカードも存在します。

 

dカードやdカードGOLDにはiD機能が付いていますので、かざすだけで後払いできますよ!

 

スマートフォン決済

 

最近よく耳にする、d払いやpaypay、メルカリペイ、楽天ペイ、Lineペイ等が代表的です。

 

引き落とし先を事前に登録しておく必要があるので、引き落とし先をクレジットカードにしておく事でポイントの二重取りが可能です。

 

一番いまはキャンペーンが多く存在する決済方法です。

 

キャッシュレス・ポイント還元事業を利用する際の注意点

 

キャッシュレス・ポイント還元事業を利用する際に、お店ごとにどの支払い方法でもいいというわけではない点に注意する必要があります。

 

どの決済方法でもキャッシュレスで決済すればOKというわけではありません。

 

事業者(お店)は、国に、お店とポイント還元する決済方法をそれぞれ申請を出します。

 

お店でできる全てのキャッシュレス決済に対してポイント還元を申請しているお店もあれば、一部のキャッシュレス決済のみ申請しているお店もあるというわけです。

 

スマホ決済だけをポイント還元対象にしているお店や、クレジットカードやiDもOKにしているお店等まちまちです。

 

例えばファミマだとほぼ網羅していてどれでもOKという感じです。

 

 

また、クレジット(VISA)カード等は、カード会社によってポイント還元を受ける為に事前申請が必要な場合もあるので、注意しましょう。

 

キャッシュレス・ポイント還元事業対象店舗で、対象決済方法で決済しているのに、事前申請していない為にポイント還元されないといった事がないようにして下さいね!

 

ちなみにdカードやd払いは事前申請は特に必要ありません。

 

ただし、d払いで現在実施中の「d払い20%還元キャンペーン」は申請が必要で、必ず抑えるべきキャンペーンなので注意しましょう。

 

キャッシュレス・ポイント還元事業対象店舗の探し方

 

キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店舗を探す方法は3つあります。

 

  • アプリで探す
  • Webサイトで探す
  • 店舗に(で)確認する

 

それぞれの方法について深堀りしていきましょう。

 

アプリで探す

 

キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店舗を探すアプリが存在しますので紹介しておきます。

【ポイント還元対象店舗検索アプリ】

 

このアプリはGPSを使いながら、地図上で対象店舗のキャッシュレス決済方法と還元率を知る事ができるという内容の物です。

 

このアプリはスタート地点が必ず東京から始まるのが毎度面倒であると言う点が問題点になります。

 

Webサイトで探す

 

こちらはキャッシュレス・ポイント還元事業のHPから飛べるシステムにあるページで、アプリ版と同様の機能があります。

 

 

こちらは毎度東京から始まるという事がなく、GPSをONにしていれば、自分のいる地点からスタートするのでアプリ版の問題点がない分使いやすいです。

 

アプリ版・Web版どちらにもある問題点は、キャッシュレス・ポイント還元対象店舗と、対象決済方法の情報がリアルタイムではないというのがあります。

 

例えば先日まではファミリーマートのキャッシュレス・ポイント還元対象の決済方法がなぜかiDとクレジットカードだけしか表記されていませんでした。

※今はおそらく反映されています。

 

実際にはファミリーマートはクレジットカードやiD以外にもpaypayや楽天ペイ、d払いなどの主要なスマホ決済でもキャッシュレス・ポイント還元の対象になっています。

 

キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店舗の反映ができているのに、対応決済方法が正しく表示されていないという事です。

 

なぜこのような事がおこるのかを問い合わせしてみたところ、以下が理由になっているようです。

 

 

  • アプリ・webサイトへの反映は、申請された物から順次反映なので、申込~web反映までにタイムラグがある
  • 決済方法の対応は店によっては10/1ではなく、順次拡大していっているので、最初から全ての決済方法で申請をしていないお店も多い
  • webサイトに反映されていなくとも、申請を受理できていればキャッシュレス・ポイント還元の対象にできる

 

 

決済方法が順次拡大しているスマホ決済戦国時代だからこそこういった現象がおこり、そして消費増税・低減税率と同時スタートだった事もあって世の中の情報反映が追い付いていないというわけです!

 

次の章でカンタンに消費増税と軽減税率については解説しますよ。

 

ちなみにキャッシュレス・ポイント還元事業についての質問がある方は以下に問い合わせ窓口があるのでご活用頂くと良いと思います。

 

平日の昼間に電話したところ、コール数もなくスグ繋がりましたし、担当者も知識レベルも高くて親切な方でした。

 

キャッシュレスポイント還元事業問い合わせ窓口

 

現在のキャッシュレス・ポイント還元事業対象店舗数は?

 

経済産業省のHP情報によると、10/1時点では業種ごとに以下の店舗数が対象店舗になっています。

 

キャッシュレスポイント還元事業加盟店登録数
出展:キャッシュレス消費者還元事業公式HP

 

全て合計すると約50万店舗となっております。

 

経済産業省の発表によると10/10には52万店、10/21には61万店になると見込まれています。

 

みんなのキャッシュレス・ポイント還元事業の利用状況は?

 

キャッシュレス・ポイント還元事業がスタートした最初の1週間(10/1~10/7)のポイント還元額1日平均約8億円前後となっており、合計60億円もの還元額となっています。

 

還元された店舗が全て2%還元だったとすれば、60億円÷0.02=3000億円となり、この1週間で最大3000億円がキャッシュレスで買い物をされたという事になります。

 

けっこうみんな賢く買い物してるんですよね!まだキャッシュレスを始めていないという方はお得なので必ず何通りかはキャッシュレス決済の方法を持つようにする事をおすすめします!

 

キャッシュレス・ポイント還元事業の消費者還元開始日スケジュールの考察

 

経済産業省が設定しているキャッシュレス・ポイント還元事業の加盟店の審査スケジュールは以下になっています。

 

キャッシュレスポイント還元事業審査スケジュール
出展:経済産業省公式HP

 

このスケジュール表から、1日,11日,21日の3種類の日程でのみ還元開始になるので、この3日で対象店舗が増加するという事を覚えておきましょう。

 

自分がよく立ち寄るお店がいつのまにか対象店舗になるという事があると思いますので、上記3日程は意識して時々お店に「キャッシュレス・ポイント還元はやっていますか?」と問い合わせるのがおすすめです!

 

中小企業はHPでキャッシュレス・ポイント還元対応してます!と掲載していないお店が多いので、少し面倒ですが上記問い合わせが重要です。

 

10/1から消費増税スタート!

 

10/1から消費税が8%→10%になりましたね。

 

今回の主題のキャッシュレス・ポイント還元事業は、消費増税によって買い物する人が減ってしまうのを防ぐ事と、世の中のキャッシュレス化推進の2つの目的を実現する為に作られたシステムです。

 

今回の記事を読んで私が皆さんに感じて頂きたいのは結局、以下の内容です。

 

「受動的に消費税が上げられてただ払うだけになるのではなく、情報や知識によって増税以上の節約をする時代である」

 

少しえらそうな内容ですが、便利でお得な情報をお伝えして一人でも多くの方の日常が少しでも豊かになればいいなと思ってこの記事を書いています。

 

軽減税率について

 

軽減税率はいきなり10%に消費税をあげるのはキツイと思うので、生活する上で必要な食料品に関しては8%のままでいきましょうという内容です。

 

なので、今世の中には8%の商品と10%の商品が混在しています。

 

さらには生活する上で必要な物という所に、イートインの場合は生活ではなく贅沢であるというような解釈をされます。

 

それによってコンビニやハンバーガーショップなどでは、イートインは10%,テイクアウトは8%という同じ商品に対して異なる税率が適用される点がややこしいという声が多いです。

 

軽減税率の適用期間は10/1スタートで、いつまでという事は現在決まっておりません。

 

生活しながら慣れていくしかありませんね。

 

しかし、キャッシュレス・ポイント還元と軽減税率によって昔より安く購入できてしまう物もあるんですよ!

 

増税前に買っておけば良かったと後悔している方必見です!次の章で紹介していきますね!

 

キャッシュレス・ポイント還元事業によって増税前より安く購入できる事も!増税前に購入しなくて良かった?

 

まずは先日近くのセブンイレブンで大好きなフルーツサンドイッチを買ったレシートをお見せします。

 

セブンイレブンレシートキャッシュレスポイント還元事業適用版

 

もともとのフルーツサンドの値段は260円です。消費税の増税前に現金で購入すると、8%の消費税(20円)がかかり280円(税込)でした。

 

これが増税後に工夫して購入すると下の表のような値段になりました。

 

項目 値段 ポイント
フルーツサンド価格(税抜き) 260円
テイクアウト消費税(8%) 20円
キャッシュレス・ポイント還元(2%) -5円
d払いによるポイント還元(0.5%) 1pt
d払いの引き落とし先をdカードに設定し、
そのdカードでの取得ポイント(1%)
2pt
d払い+20%還元キャンペーンによる
取得ポイント(20%)
52pt

 

ptを円に換算すると、フルーツサンドは実質220円(税込)で購入できる計算になりました。

※計算式(260+20-5-1-2-52=220)

 

増税前に現金で購入すると280円(税込)のものが220円(税込)です!

 

60円という物凄く大きな額がお得になっていますねΣ(・□・;)

トリッティ
トリッティ
増税前より安く買えちゃうなんてあるんだね!?
今のキャッシュレス普及のキャンペーンの勢いは消費増税の2%を遥かに超えるという事なんだよ!
物知りお兄さん
物知りお兄さん

レシートから見る今の賢い買い物の仕方

 

前項のセブンイレブンのレシートはとてもわかりやすい例だと思い紹介しました。

 

つまり、今の時代の買い物で最もお得な方法は

 

店舗ごとに最もお得な還元率の決済方法で支払うコト!!

 

になります。たまたまさっきの例ではd払い等のスマホ決済でしたが、店舗によってはiDだったりクレジットカードだったりもします。

 

上記はd払い+20還元が大きかった例です。

 

今はこのようにスマホ決済に大きな還元率のキャンペーンを各社交互に実施している状況です。

 

なので、最もお得な還元率の決済方法は異なるので、私はpaypay,楽天ペイ,d払い,iD,クレジットカードという一通り全ての決済方法ができる環境を作っています。

 

といってもスマホ決済はアプリをダウンロードして引き落とし先を設定するだけなので、一瞬でできてとても簡単です。

 

面倒くさがりの私はスマホ決済の引き落とし先は全てdカードにしていますので、paypayだろうが楽天ペイだろうが結局dカード引き落としになって、dポイントはたまります。

 

今はd払いは+20%という驚異の還元率を10/14まで実施していますが、その日以降はもしかしたら楽天やpaypayが脅威の還元率のキャンペーンを始めるかもしれませんしね。

 

昔はスマホを2年ごとにMNPするのが最も携帯代を安くする方法だった時代がありましたが、今は最も高い還元率の決済方法で買い物をする時代だと言えます。

 

今すぐドコモショップに行くべき3つの理由!

 

ここまで読んで下さった方には、是非なるべく早くドコモショップに行く事をオススメします。

 

その理由は以下3点です。

 

 

  • dカードによる集約
  • dカードによるiD使用
  • d払いをする為のスマホの準備

 

 

それぞれ解説をみていきましょう。

 

dカードによる集約

 

1点目のドコモショップに行くべき理由はdカードによる集約ができるという事です。

 

時期によって還元率の大きいキャンペーンを実施している決済方法を選ぶのが最もお得である事はご説明しました。

 

paypayや楽天ペイ等のスマホ決済を行うと、当然使用サービスのポイントが貯まります。

 

それに加えてクレジットカード引き落としを設定すると、クレジットカードのポイントもWで貯まります。

 

そこで、おすすめなのがdカードを1枚持っておくという事です。

 

dカードに全てのスマホ決済のクレジット引き落としを集約する事で、dポイントをベースに考える事ができるので、ややこしくなくておすすめです。

 

dカードを作ると様々なメリットがある事を別記事で解説していますが、ドコモショップにいけばよりあなたに合ったメリットを詳しく教えてくれるので、是非相談に行ってみましょう!

 

 

dカードによるiD使用

 

2点目は同じくdカードのメリットになるのですが、iDを使えるようになるという事です。

 

お店によってはキャッシュレス・ポイント還元事業の対象決済方法にiDだけのお店もあったりします。

 

そういった場合にもiD付のクレジットカードであるdカードは非常に便利で時代の流れに対応した物であると言えます。

 

スマホも機種によっては、スマホ自体がおサイフケータイとしてiDを使える端末になったりもするので、自分に合った使い方ができるカード・機種選びをする為にはドコモショップスタッフに相談するのが一番です!

 

d払いをする為のスマホの準備

 

キャッシュレスに関わる支払い方法はクレカ・iD・電子マネー・デビットカード・QR等のスマホ決済です。言い換えると、

 

  • スマホを持たないとできないスマホ決済
  • クレジットカードの作成
  • iD機能付きのカードと端末選び

 

これら全ての方法がドコモで網羅できてしまうので、まとめて相談できるドコモショップは非常に頼りになりますよ!

 

この3点の理由から、今の時代を賢く買い物をする為に、一度ドコモショップに行く事をおすすめします!

 

トリッティ
トリッティ
ドコモショップは生活(経済活動)に密接したサービス提案ができる場所なんだね!
そうなんだ!全部のサービスの取扱があるから、決済や経済活動に関するトータルな提案ができるんだよ!
物知りお兄さん
物知りお兄さん

 

もしドコモショップに行く場合は必ず来店予約も忘れずにしましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL